次亜塩素酸水を自律走行でマイクロミスト噴霧

自律走行運搬ロボットなどを手掛けるアンドロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田村 幸広、以下アンドロボティクス社)は、ナノテク消臭製品の企画・製造・販売などを手掛けるユニトライク株式会社(本社:新潟県新潟市西区、代表取締役:監物 秀樹、以下ユニトライク社)のGミストを使用した除菌ロボットを発表した。導入を希望する事業者の問い合わせを受け付ける。

除菌ロボットは、アンドロボティクス社が開発した自律走行ロボットと、ユニトライク社の空間衛生噴霧器技術を融合し、計画的に移動して屋内の設備を次亜塩素酸により除菌する。自身の位置を認識しセンサー情報を組み合わせることで、予め設定されたルート上を自律走行し除菌液をマイクロミスト噴霧することにより、手の触れることの多い設備やオフィスや学校といった人が往来する屋内の除菌を巡回しながら無人で行うことができ効果的で効率的な除菌が可能。

背景

現在、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として様々な空間や設備を頻繁に除菌していくことが必要とされており非営業時間帯のオフィスや夜間の学校などでは警備員や清掃員が施設設備の除菌を行うことが求められている。しかしながら、人手による除菌活動は感染へのリスクや除菌作業員の人体への影響なども考えられ、無人化のニーズが高まりつつあった。このような背景から除菌を自動で行うことのできる除菌ロボットのニーズが拡大していると考えられる。
アンドロボティクス社では、これまで自律走行運搬ロボットサービスの開発を進めていたが、このようなニーズを受けユニトライク社と業務提携する運びとなり、除菌ロボットの国内への導入と保守・メンテナンスを担っていく。アンドロボティクス社は、サービスロボット分野を通じた社会貢献の機会にしていく。

自律走行運搬ロボットサービス FRUTERA(フルテラ)

フルテラは、多様なオプション機能を備えた自律走行運搬ロボットサービス。基本機能は、障害物回避を含んだ自律走行とシンプルであり、ローコストでのサービス提供をコンセプトとしている。電子マネー決済や抗菌機能など企業に合わせたカスタマイズが可能。予め記憶した施設の地図情報をもとに走行し、センサーにより、障害物や人を回避可能。フルテラにはWi-SUNを活用した無線通信技術が応用されており、既存の携帯電話ネットワークやWi-Fi通信では難しかった人込みの中での自動走行が可能になった。
FRUTERA:https://www.androbo.co.jp/business/r-division/frutera

アンドロボティクス社概要

会社名:アンドロボティクス株式会社
所在地:東京都港区西新橋2-2-2 澤ビルディング2F
代表取締役:田村 幸広
URL:https://www.androbo.co.jp/

「社会に貢献できるロボットと技術を提供する」という理念のもと、協働ロボット開発、ITソリューション提供。①ロボット・IoT機器の開発、②ネットワークソリューション、③先端技術を用いたWEB開発、④システムの開発・運用支援を主軸に、世の中に貢献できる協働ロボット・ITソリューション開発を行っている。

【本件に関するお問い合わせ先】
広報:大北・高橋
MAIL:androbotics.contact@androbo.jp
TEL:03-6457-9706(受付時間:10:00~19:00)