株式会社アフレルと福井工業大学は、、小学4年生から6年生とその保護者を対象に、親子で参加できるロボットプログラミング教室「ロボ・キャンプ2019」を福井工業大学にて開催する。

「ロボ・キャンプ2019」は、株式会社アフレルが開催する、今年2019年に20周年を迎えたロボットプログラミング教室だ。ロボットの製作とプログラミングを作る体験を通じて、ITの仕事について知ってもらい将来の科学者、技術者を目指してもらうことを目的に毎年開催されている。

20周年を迎えた今年の「ロボ・キャンプ2019」は、前年よりも規模を大きくし2019年12月21日(土)、22日(日)の2日間催される。「AI」「クリエイティブ」をテーマにした5つの体験講座が開かれ、それぞれレゴやロボットトイを使った子供の好奇心を刺激する様な内容となっている。2019年11月18日(月)0:00から先着順で受付が開始されるので、早めに申し込んで親子でイベントを楽しもう!

「ロボ・キャンプ2019」についての詳細はこちら
http://www.afrel.info/2019/2019_camp.html

参加申込は下記のURLから
https://robo-camp2019.peatix.com

以下、プレスリリース引用

株式会社アフレル(本社:福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英)と福井工業大学(福井県福井市、理事長 金井兼)は、12月21日(土)、22日(日)に、小学4年生~6年生のお子さまとその保護者の方を対象に、親子で参加できるロボットプログラミング教室「ロボ・キャンプ2019」を福井工業大学にて開催いたします。

開催20周年を迎えた本年は、最先端技術を駆使し、様々な活動を行っている5つの企業・大学が福井に集い、先端技術である「AI」、そして自由な発想を形にする「クリエイティブ」をテーマに、5つのワークショップを実施します。お子さまの成長を間近で感じられるイベントで、プログラミングが初めての方も楽しくご参加いただける内容です。11月18日(月)0:00より先着順にて受付いたします。皆様のご参加をお待ちしております!詳細はこちら:http://www.afrel.info/2019/2019_camp.html

【ロボ・キャンプ2019 開催概要】

○開催日    :2019年12月21日(土)、22日(日)
○時間     :午前の部9:30 ~ 12:30/午後の部 14:00 ~ 17:00
○対象者    :小学4年生~6年生のお子さまと、その保護者(原則2名1組)
○参加費    :1組500円(税込)
○募集人員  :各20組(計 100組)
〇詳細     :http://www.afrel.info/2019/2019_camp.html
〇参加受付   :11月18日(月)0:00より先着順にて受付
〇参加受付URLhttps://robo-camp2019.peatix.com
※親子1組につき1つのワークショップに参加可能です。

         5つのワークショップから1つを選び、お申込みください。
○開催場所  :福井工業大学 (福井キャンパス 大学1号館 6階)
○開催主催  :株式会社アフレル、福井工業大学 (順不同)
○後援    :福井県教育委員会、福井市教育委員会、福井新聞社(予定)、
        FBC福井放送(予定)、福井テレビ(予定)(順不同)

【ワークショップ詳細】

■12月21日(土)クリエイティブDay

日程タイトル内容
9:30 ~ 12:30レゴのSPIKE™プライム※1で
楽しくクリエイティブ!
好奇心を刺激するカラフルな「レゴ® エデュケーション SPIKE™プライム」(2020年初め頃発売予定)を使って、自由な発想で、アイディアを形にしよう!「楽しい!」の気持ちが学びの効果を最大限にします。さぁ、プログラミングに夢中になろう。
14:00 ~ 17:00~つくって、あそんで、ひらめいて~ロボットトイtoio™※2シンプルなキューブ型ロボット「toio™」。だから何にでも変身できる。自分の世界をつくりだせる。工作をつけて飾ったり、動きをプログラミングしたり。アナログで、デジタルで、創意工夫する力をどんどん引き出そう!
14:00 ~ 17:00はじめてみよう! Scratchでコンピュータプログラミング!マサチューセッツ工科大学で開発された、子供向けプログラミングソフト「Scratch」を使って、プログラミングを体験してみましょう。簡単なゲーム作りを通して、自分が思うようにコンピュータを動かしてみよう!

■12月21日(日)AI体験Day

日程タイトル内容
9:30 ~ 12:30ディープラーニングで遊ぼう・学ぼう- 小学生向けディープラーニング体験教室最新鋭の「お片付けロボットシステム」にも使われているAI技術、「ディープラーニング(深層学習)」。画像認識やロボットのプログラミングを通じて、ディープラーニングとはどんな技術なのか、子どもたちに楽しく体験してもらいます。
14:00 ~ 17:00機械学習×Scratchで

AI(人工知能)アプリケーションを作ってみよう!

グー・チョキ・パーを見分けたり、人の顔やいろいろな物を見分けることができる「機械学習」と、誰でも簡単にプログラミングができるScratchを使って、人の代わりに問題解決をしてくれるAI(人工知能)作りにチャレンジします。

ロボ・キャンプとは

株式会社アフレルがCSR活動として実施している親子を対象としたロボット製作とプログラミングの体験イベントです。未来で活躍する子どもたちが、モノづくりやそこで活用する技術を身近に感じること、IT業界のお仕事を知ること、親子で会社や地域とのコミュニケーションを楽しむことを目的としています。プログラムを創る体験を通じて、子どもたちに未来の科学者、技術者を目指してもらうこと、そして我々が携わっている仕事を知ってもらうことを意識して、毎年開催しています。2000年に「地域の皆さんに集まってもらえるような場を作り、地元に貢献できるような催しをやってみよう!」と始まった本イベントは、今年で開催20周年を迎えます。

※1 レゴ®エデュケーション SPIKE™プライム
実体験型のSTEAM学習プロジェクトを通じて、SPIKEプライムを使った授業を体験する生徒/学習者が、問題解決能力を伸ばし、新しいことに挑戦する意欲を持ちながら、学習への自信を高められるようデザインされています。レゴ® エデュケーション新プログラミング教材として2020年初め頃の発売を予定しています。(https://spike.afrel.co.jp/

※2 ロボットトイtoio™ 
「toio」(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は、工作やプログラミングを通じて自分のおもちゃを作り、操作することで、枠にとらわれない自由なあそびを楽しむことができる新しいプラットフォームです。別売りの「toio」専用タイトルと組み合わせることにより、アクションゲームやパズルゲーム、プログラミングなど、様々なジャンルのあそびをお好みに合わせてお楽しみいただけます。(https://toio.io/

【株式会社アフレルについて】

明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。