少子高齢化が進んだ今、介護業界の人材が不足し現場での負担が大きくなってしまっている。
そんな中、介護作業を専門としたロボットを導入する動きが進んでいる。

Aeolusロボット

Aeolus Robotics Corporationが開発した「アイオロス・ロボット」は、周囲の環境を認識、学習できる高度なAIセンサー「AIビジョンセンサ」を搭載し、さまざまな機能を備えた自律型ヒューマン支援ロボットだ。

アームを使い、様々なものを掴み、持ち上げることが可能だ。
カゴやモノを掴んだ状態で走行、運搬することが出来る。

様々な業務のサポートへ。

6月5日、オリックス・リビング株式会社は、Aeolus Robotics Corporationと、AI搭載型サービスロボット「アイオロス・ロボット」の導入に向けた実証試験などを行うコンサルティング契約を締結したと発表があった。

昨年11月よりオリックス・リビングが運営する施設で、物体の検知や移動、物品の運搬などの基本的な動作確認を重ねてきた経験を活用し、見守り、運搬、緊急対応などで省人化・省力化に貢献するロボットの実用化を目指すとの考えだ。
尚、今回の提携では、介護施設に適したロボットの機能向上、その後には代替可能な業務の洗い出しが進められる予定だ。

オリックス・リビングとAeolus社は、「介護ロボットの開発・技術支援を通じて、介護現場への普及を推進し、高齢者の暮らしの質の向上に努める」との考え。

介護の今後

介護の現場は、肉体的な疲労が伴う「きつめ」の仕事だ、AI搭載ロボットの導入で、介護現場の負担が少しでも軽くなることを願っている。 実際の実用化に向けた動きに、引き続き注目したい。

関連リンク

【オリックス・リビング株式会社】
URL:<a href=”https://www.orixliving.jp/

【Aeolus Robotics Corporation(アイオロス・ロボティクス)】
URL: https://aeolusbot.com