ドローンは設備管理や災害対策など幅広い分野で活用が期待されているが、導入にあたっては法律や安全の確保、パイロット育成など、運用面で多くの課題がある。
このような状況を踏まえ、ドローンを始めとするロボティクス技術の自動化ソリューションを提供しているセンシンロボティクス株式会社(東京都渋谷区、以下センシンロボティクス)開発部長 高橋氏にインタビューを行った。
電線の点検をするドローン(センシンロボティクス提供)

センシンロボティクスとは

センシンロボティクスとは日本の社会問題を解決することを目的に産業用ドローン等を活用した業務用ロボティクスソリューションを展開している企業である。
2015年に設立され主に設備の点検や災害時の対応・警備監視を中心にドローンソリューションを提供している。

-なぜドローンの領域に事業を展開したのでしょうか
高橋氏「私たちの会社は、会議などのWEB会議システムの映像共有の事業を行っている会社から独立して設立されました。もともとは、その映像共有の技術とドローンで撮影した遠隔地の映像を組み合わせて活用しようと事業をスタートしましたが、お客様に使用していただくうちにドローンの運用・保守など多くの場面で自動化・省人化のニーズがあり、ソリューションの提供をスタートしました。最初は太陽光パネルの点検用ドローンの自動化から始め、徐々に対象を広げて現在の事業内容になりました」
太陽光パネルを点検するドローン(センシンロボティクス提供)

事業分野

センシンロボティクスの技術分野は3つある。

SENSYN FLIGHT CORE

ドローンによる業務自動化を実現させる総合プラットフォーム。フライト設定やフライトプラン・実績データの一元管理、複数機での同時飛行や様々なメーカーのドローンへの対応、UTMへの接続などの拡張機能を備えている。
センシンロボティクスが最も注力しているエリアで、ドローンから得たデータを解析・蓄積を行う。
SENSYN FLIGHT COREイメージ

SENSYN DRONE HUB

ドローン機体、自動離発着や自動充電に対応する基地(ドローンポート)、制御ソフトウェア・業務アプリケーションが一体となった業務の自動化を推進するシステム。
ドローンの自動化を実現するための設置型のソリューション。
SENSYN DRONE HUBイメージ

SENSYN DC

ドローンで撮影している映像を遠隔かつ複数の拠点でリアルタイムに共有しコミュニケーションを取ることができるシステム。
SENSYN DCイメージ

これらのソリューションは、特定のドローンに限定されず、様々なメーカーのドローン対応している。センシンロボティクスではドローンを用いたソリューションの他に、360度カメラを用いたマッピングやAIによる画像解析を用いた死亡鶏を検知するAI解析の技術提供などを行っている。

ロボティクス技術とデータ活用で社会問題解決を目指す

-現在、設備点検や災害対策がメインの領域となっていますが、今後活躍のフィールドを拡大していかれるのでしょうか
高橋氏「確かに、現在は事業領域を絞っているところはあります。しかし、当社の掲げる “差し迫った社会課題を解決する”というビジョンの通り、社会問題に関わるところに広く事業を展開していきたいと考えています。
事業内容としても今はドローンがメインですが、UGV*やセンサーなど、ドローンに限らず事業を広げていく予定です。私たちはお客様が本当に求めるものはドローンや走行ロボットの筐体ではなく、データだと考えています。そのため、AIなどを用いた分析部とのシステム連携に力を入れ、より多くのデータを採集・活用していきたいと考えています」

UGV*=Unmanned Ground Vehicle、自動走行ロボットなど無人状態で走行できる車両の総称

-大豊産業株式会社と共同開発*をした自律走行型ケージ監視システムもその一環なのでしょうか
高橋氏「はい、その通りです。大豊産業株式会社様との共同開発では、死亡鶏を検知するAI解析の技術提供を行っています。今まで養鶏場での死亡鶏は人が周回して確認し、取り除いていました。目視で死亡鶏を確認するには、時間もかかり、日々必要である巡回点検の障害となっています。この作業をAIで行うことにより、巡回作業の頻度を削減し作業員の負荷がすることができました。
この共同開発は、今まで行ってきた設備の点検や災害対策などの社会インフラとは毛色は違いますが、”社会課題を解決する”という私たちのビジョンに即した活動だと考えています。
このように、今後もドローンに限らないロボティクス技術とデータ活用を組み合わせ、お客様に寄り添うサービスを提供していたいと考えています」

*共同開発詳細:https://www.sensyn-robotics.com/news/taiho

会社概要

会社名株式会社センシンロボティクス
住所〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿二丁目36番13号 広尾MTRビル7階
HPhttps://www.sensyn-robotics.com/