世界初、国際宇宙ステーションの宇宙アバターを一般人が操作

ANAグループのavatarin株式会社(以下 avatarin)と凸版印刷株式会社は、アバター技術を中心とする最先端技術を用いた新たな宇宙開発・利用関連事業の創出を目指し、国際宇宙ステーション(以下 ISS)日本実験棟「きぼう」に設置された「space avatar」を世界で初めて一般人が街なかから操作する技術実証と、アバターロボット「newme」や「IoANeck™」を用いた遠隔によるJAXA施設見学を行う事業実証の2つの実証を2020年11月19日(木)から22日(日)まで実施し、そのうち21日(土)、22日(日)に「AVATAR X space avatar 宇宙を身近に感じよう」として一般公開を行う。
「space avatar」操作体験については、ANAホールディングス株式会社(以下 ANAHD)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構により2018年9月に開始した、共創型研究開発プログラム・宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC(※1))“AVATAR X Program”(※2)(アバターエックスプログラム:以下 AVATAR X)における宇宙でのアバター利用の実証となる。
また、「newme」や「IoANeck™」を用いたJAXA施設の遠隔見学体験は、文化庁の募集する「文化芸術収益力強化事業」(※3)に採択され、凸版印刷が取りまとめ、株式会社NTTドコモによるJAXA展示施設の通信環境の整備の協力のもと実施する。
21日(土)、22日(日)の一般公開「AVATAR X space avatar 宇宙を身近に感じよう」は虎ノ門ヒルズビジネスタワーにて実施される。

技術実証一般公開実施概要

名称「AVATAR X space avatar 宇宙を身近に感じよう」
日時2020年11月21日(土)、22日(日)13:00〜20:00予定
開催場所虎ノ門ヒルズビジネスタワー4階ARCH MAGNET ROOM
実施内容space avatar操作体験、JAXA展示施設の遠隔見学、「newme」操作体験
イベント参加方法WEBサイトかご予約 https://avatarin.com/space-avatar/

space avatar操作体験

avatarinは、地上400km上空を秒速8kmで周回する「きぼう」に宇宙アバター「space avatar(スペースアバター)」を設置し、その操作体験を提供する。世界初の試みとして、一般人が街なかから、「きぼう」に設置される「space avatar」をリアルタイムで直接動かし、「きぼう」船内から宇宙や地球を眺めることが可能。
「space avatar」は、JAXAの「きぼう」の有償利用制度(※4)を利用し、宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機に搭載され、2020年5月に「きぼう」へ到着した。「space avatar」には、JAXA施設外から「きぼう」と通信する技術(※5)を利用している。

JAXA展示施設の遠隔見学

avatarinのアバターロボット「newme」と凸版印刷のIoA仮想テレポーテーション(※6)技術を用いた遠隔地にいる人と体験を共有できるウェアラブルデバイス「IoANeck™」を活用し、筑波と種子島のJAXA展示施設を対象に専門家ガイドによる遠隔見学を実施する。

・「newme」による筑波宇宙センター遠隔見学ツアー

筑波宇宙センターに「newme」を配置し、虎ノ門会場や自宅などから1回30分の遠隔見学を実施。「文化芸術収益力強化事業」の一環として自宅等虎ノ門の会場外からの見学を1回500円(通信・機器利用費)と設定し、収益の費用対効果を確認する。
専門家ガイドの説明を聞きながら自分でアバターロボットを遠隔操作し、自由に施設内を移動することが可能。
操作予約:https://avatarin.com/pick-up/2664/

・「IoANeck™」による種子島宇宙センター遠隔見学ツアー
種子島宇宙センターの専門家ガイドが「IoANeck™」を装着し、虎ノ門会場の参加者向けに説明を行う見学ツアーを実施。会場内ではツアーの様子を映像と音声で配信する。

「newme」操作体験

虎ノ門会場に設置された「newme」をその場で操作することが可能。

 

「きぼう」船内 space avatar

筑波宇宙センター

種子島宇宙センター

※1 J-SPARC
「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」とは、宇宙ビジネスを目指す民間事業者等とJAXAとの対話から始まり、事業化に向けた双方のコミットメントを得て、共同で事業コンセプト検討や出口志向の技術開発・実証等を行い、新しい事業を創出するプログラム。2018年5月から始動し、現在、約20プロジェクトを進めている。
http://aerospacebiz.jaxa.jp/solution/j-sparc/

※2 AVATAR X program
「AVATAR X」とは、今後の宇宙関連市場の大幅な拡大を見据え、宇宙関連事業への参入を目指す企業・団体、自治体約30社と、ANA・JAXAが連携し、「アバター(avatarin㈱が描く瞬間移動手段)」を活用した、宇宙関連事業の立ち上げを目指すプログラム。「ANA AVATAR VISION」と、新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」における「人類の活動領域を拡げるテーマ群」の一環として、事業コンセプトの共創を行っている。
https://www.anahd.co.jp/group/pr/201809/20180906.html

※3 文化庁「文化芸術収益力強化事業」

 

文化芸術団体の事業構造の改革を促し、活動の持続可能性を高めるために、各分野の特性を活かした新しい収益確保・強化策を実践し、その費用対効果等を検証することで、文化芸術団体の持続的なあり方を検討している。https://www.bunka.go.jp/

※4 「きぼう」日本実験棟の有償利用制度
国内の民間企業等を主な対象として、利用者が独自の目的で「きぼう」を有償で利用し、利用成果を独占的に取得・使用することが可能なJAXAの制度。
https://iss.jaxa.jp/kiboexp/field/business/

※5 JAXA施設外から「きぼう」と通信する技術や映像伝送技術
極限環境でのデータ通信の環境構築・技術開発を行うことで、今後災害時や通信インフラ未整備のエリアにおいてもアバターの利用を可能にすることを目的としている。リアルタイムでJAXA施設外から「きぼう」内装置を遠隔操作できるコマンド送信システムの技術を活用して世界初の「きぼう」でアバター体験ができるシステムを構築した。

※6 凸版印刷の「IoA仮想テレポーテーション」の取り組みについて
IoA(Internet of Abilities:能力のネットワーク)は東京大学大学院情報学環 暦本純一教授により提唱された未来社会基盤で、人間とテクノロジー・AIが一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化することを実現する。凸版印刷は、暦本教授との共同研究の成果をもとに「IoA仮想テレポーテーション」の開発を行い、2019年4月より企業向けにサービスを開始している。https://www.toppan.co.jp/solution/service/IoAvirtualteleportation.html
なお「仮想テレポーテーション」は凸版印刷の登録商標。